エアーファンデーションの口コミを比較!簡単でムラのないファンデーションはどれ?

*

リキッドファンデーションの塗り方

      2018/07/17

リキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションはしっとりとした使い心地と高いカバー力が人気の液状ファンデーションです。乾燥肌の人や肌トラブルをしっかりカバーしたい人におすすめのファンデーションです。その使い方のポイントをご紹介します!

リキッドファンデーションとは?

リキッドファンデーションは液状のファンデーションを指し、パウダーファンデーションに比べ、比較的濃いテクスチャーでカバー力が高いのが特徴です。乾燥肌の人にはしっとりと仕上がるリキッドファンデーションが肌の乾燥を防ぎ、肌質に合うファンデーションと言えます。

また、シミが気になる肌には一般的にはカバー力の高いリキッドファンデーションがおすすめです。リキッドファンデーションは乳液のような質感で、肌へぴったりとつくのが特徴です。

ただ、リキッドファンデーションやクリームファンデーションはパウダータイプのものより油分が多いものが多く、夏場やオイリー肌の方はテカリや化粧崩れが気になるかもしれません。ファンデーションの後からフィニッシィングパウダーをのせてテカリを押さえましょう。

リキッドファンデーションの使い方

 

ファンデーションは色選びが重要です。色が白すぎてもダークすぎても顔だけ浮いてしまいます。首と顔の境目のあたりに試し塗をし、浮かない色を選びましょう。
ファンデーションを購入する際は必ずテスターを使用し実際の色味を見てみましょう。試し塗は手の甲ではなく出来れば実際にフェイスラインから首にかけての部分に塗ってください。首とフェイスラインになじむ色味が合うファンデーションの色味とされています。

リキッドファンデーションの一般的な使用料の目安はパール1粒大程です。頬やおでこを中心にポンポンと点で置いて行き、鼻や顎にも少しおいていきましょう。そしてファンデーションを指またはスポンジを使い優しく伸ばしていきます。
目の下やまぶた、小鼻などは指やスポンジに残った少量のファンデーションをのせるだけにするのがポイントです。よく動く部分にたくさんファンデーションをのせると後程寄れて、皺の線などが入ってしまいます。

最後の仕上げにフェイスパウダー(フィニッシングパウダー)をのせて完成です。特に夏の時期や、化粧崩れしやすい人は最後にフェイスパウダーを肌全体にのせてテカリ予防、化粧崩れ予防をすることをお忘れなく!

リキッドファンデーションのメリット・デメリット

メリット

  • カバー力が高い
    シミやそばかす、ニキビ痕、毛穴など気になる肌トラブルをカバーする力が高いです。薄塗でもナチュラルに隠すことができ、素肌っぽく仕上がります。
  • ツヤ肌に仕上がる
    適度なツヤ感が出て、生き生きとした健康的なツヤ肌になります。人形のようなマット肌も素敵ですが、厚塗り感が出やすくなります。一方、ツヤ肌は素肌のような質感なのでナチュラルメイクをしたい方にもぴったりです。
  • 乾燥しにくい
    リキッドには水分と油分がたっぷり含まれているため、パウダーファンデーションに比べて乾燥しにくいです。美容保湿成分配合のアイテムもあり、乾燥肌の方でもかさつきを気にすることなく使えます。
  • 崩れにくい
    パウダーファンデーションより汗や皮脂に強く、夕方になっても化粧崩れしにくいです。密着度が高いので、夕方まできれいな肌が続きます。

デメリット

  • ムラになりやすく、塗りにくい
    リキッドファンデーションは、手やスポンジでつけるとき、きれいに伸ばさないとムラになってしまいます。初心者は、コツがつかめるまで練習が必要です。
  • メイク直しには不便
    パウダーファンデーションは外出先でも簡単に化粧直しができますが、リキッドファンデは直したい部分をオフしてから塗りなおすなど、手間がかかります。
  • 手が汚れる
    スポンジやフェイスブラシで塗ることもできますが、基本的に手の甲に取り出してからつけるので手が汚れてしまいます。

リキッドファンデーションに向いている肌質とは

メリットの多いリキッドファンデーションですが、向いている肌とそうでない肌があります。肌タイプ別に解説します。

乾燥肌

油分の多いリキッドファンデーションは、乾燥肌との相性バッチリです。保湿成分の入ったアイテムを選べば、かさつきや粉吹きも感じにくくなります。

敏感肌

乾燥が気になる肌なら、リキッドファンデーションがぴったりです。刺激に弱い敏感肌の方は、肌にあわない成分が入っていないかチェックし、アルコールフリーの商品を選んでください。

オイリー肌

もともと皮脂量の多いオイリー肌には向きません。シミやそばかすなどはコンシーラーで隠し、パウダーファンデーションを使ったほうがきれいに仕上がるでしょう。

混合肌

皮脂分泌量の多いTゾーンは、テカリが気になるかもしれません。しかし、乾燥しやすい頬や目元は、リキッドファンデーションとの相性がいいです。ファンデーションを塗った後、テカリやすい箇所はパウダーを多めにはたいてテカリを防ぎましょう。

色選びのポイント

リキッドファンデーションの色を選ぶときは、肌のカラータイプと明るさの2つの視点で考えましょう。

イエローベースとブルーベース

私たちの肌は、黄み寄りの肌(イエローベース)と青み寄りの肌(ブルーベース)に分けられます。手首の内側の血管が緑色に見える場合はイエローベース、青色に見える場合はブルーベースです。一般的に、イエローベースはオークル系、ブルーベースはピンク系のファンデーションが似合います。

色白と色黒

色の白い方は明るめのカラーを選ぶことが多いですが、明るすぎると白浮きしてしまいます。同じメーカーの明るいカラーを2~3色試し塗りして、違和感のない明るさかどうかをチェックしてください。

色が黒くて健康的な肌色の方は、明るすぎても暗すぎても浮いてしまうので色選びが難しいです。フェイスラインに3色ほど試し塗りをして、ぴったりの色がない場合は混ぜて使ったほうがいいでしょう。

赤みが気になる肌

赤みが気になる肌は、イエロー系のファンデーションを使うと赤みが目立たなくなります。部分的に赤みが気になる場合はグリーン系のコントロールカラーで補正してください。

リキッドファンデーションのカラーは、名称が同じでもメーカーによって微妙にカラーが違います。購入するときはメーカーごとに色味をチェックし、自分の肌にあうかどうか判断しましょう。

消費期限と正しい保管方法

リキッドファンデーションは未開封であれば3年、開封済みであれば半年で消費期限を迎えます。3年以上品質が保持できる化粧品であれば、薬事法によって消費期限や製造日を明記しなくてもいいことになっています。そのため、消費期限が書かれていないコスメの寿命は約3年と覚えておきましょう。

開封済みのリキッドファンデーションは、酸化による品質の劣化や雑菌の繁殖が気になります。油分が多いためパウダーファンデーションより酸化に弱く、品質も変わりやすいです。使いきれなくても、半年以内を目途に買い替えてください。

ただし、保管状態が悪いと消費期限が来る前に分離したり、変色したり、劣化が始まります。少しでも長持ちさせるには、直射日光が当たる場所や高温多湿を避けて保管してください。

使用するときにたくさん出しすぎたとしても、容器に戻してしまうと手の雑菌が入ってしまいます。もったいなくても出してしまった分は使い切り、使用後はキャップをきちんと締めて乾燥を防ぎましょう。

まとめ

リキッドファンデーションは濃いテクスチャーが肌トラブルをきれいにカバーしてくれるが人気のファンデーションです。しっとりした使い心地も乾燥が気になる肌タイプの人にはぴったりです。
油分が多めに入っているので、クレンジングは丁寧にしっかりしないと毛穴がつまるので気をつけましょう!そして最後はテカリ防止のフェイスパウダーをのせると綺麗なマット肌に仕上がりますよ。

オススメエアーファンデーションランキング

ランキング-1位-ミネラルエアー(ヤーマン株式会社オンリーミネラルシリーズ)

オススメのエアーファンデーションランキング第一位はヤーマン株式会社のミネラルエアーです。口コミサイトでの評価も高いのですが、サイト内でも、優れているエアーファンデーションの代表例として紹介しております。ミネラルエアーは非常に高いカバー力、ムラなく簡単に塗れる事が特徴で、初めてエアーファンデーションを利用する方にもおすすめです。

エアーファンデーションとは

ランキング-2位-ハリウッドエアー(株式会社ストーリア)

ランキング第2位は株式会社ストーリアのハリウッドエアーファンデーションです。こちらも人気が高く、日本を代表するようなエアーファンデーションの一つと言えるでしょう。
また、ハリウッドエアーはプロが愛用するエアーファンデーションと言われており、操作には少々テクニックが要るため、初めて利用する人に取っては大変かもしれません。

ハリウッドエアー

 - ファンデーションの豆知識