エアーファンデーションの口コミを比較!簡単でムラのないファンデーションはどれ?

*

小鼻の角栓は抜いちゃダメ!角栓の原因とケア方法とは

   

小鼻の角栓は抜いちゃダメ!角栓の原因とケア方法とは

小鼻にできた角栓は、無理やり抜くと肌が傷ついたり、角栓ができやすい肌質になったりするので危険です。間違ったセルフケアは肌トラブルの原因となるため、負担をかけない方法ですっきりオフしちゃいましょう。今回は角栓の原因とケア方法をお伝えします。つるんとした毛穴レスな小鼻を手に入れてください。

小鼻の角栓の原因とは

小鼻の毛穴に詰まっている角栓は、皮脂と古い角質、汚れが混ざったものです。通常は肌のターンオーバー機能により、古い角質はどんどん剥がれて落ちていきます。しかし、皮脂分泌量が多い、化粧をきちんと落とせていない、乾燥肌で皮脂分泌量のコントロールができていないなどの要因により、ターンオーバー機能がうまく働かないと角栓ができてしまうのです。

これはNG!角栓ケアでやってはいけないこと

爪やピンセットで取る

角栓を爪で押し出したり、ピンセットでつまみ取ったりする方法は、毛穴を傷つける恐れがあります。ケア直後はきれいになったように感じますが、傷ついた毛穴が肌を保護しようとして皮脂分泌量のバランスが崩れ、角栓ができやすくなります。

毛穴パック

小鼻の角栓がごっそり取れるので病みつきになる方もいますが、パックを剥がすときに皮膚に負担がかかってしまいます。パック直後は毛穴が開いた状態になり、汚れが詰まりやすい状態になるので、使用は控えたほうがいいでしょう。

過剰なクレンジング

洗浄力の強いクレンジングオイルで、ごしごしとこするようにマッサージしてしまうと、肌がダメージを受けてしまいます。クレンジングオイルで肌に必要な皮脂まで取ってしまうと、肌表面が乾燥して固くなり、ますます角栓が取れにくくなります。

正しい角栓のケア方法

角栓はオイルのついた綿棒でマッサージすると自然に浮き出てくるので、こすらなくてもきれいに除去できます。

【用意するもの】

  • 綿棒
  • 美容オイル(オリーブオイル、ホホバオイル、ベビーオイルなど好みのものでOK)
  • ホットタオル

【手順】

  1. クレンジングと洗顔をして顔の汚れを洗い流します。
  2. ホットタオルを顔に乗せ、皮膚を温めて毛穴を開かせると角栓が取れやすくなります。
  3. 綿棒にオイルをたっぷり染みこませてください。
  4. 鼻の上で綿棒をコロコロ転がしながらマッサージします。オイルの量が足りない場合は肌に直接塗ってもかまいません。
  5. 洗顔をして浮き出た角栓とオイルを除去します。

まとめ

小鼻の角栓は、過剰な皮脂やメイク汚れ、乾燥によって目立つようになります。クレンジングや保湿ケアを徹底しながら、綿棒とオイルを使った方法で優しく取り除き、きれいな小鼻を目指しましょう。

オススメエアーファンデーションランキング

ランキング-1位-ミネラルエアー(ヤーマン株式会社オンリーミネラルシリーズ)

オススメのエアーファンデーションランキング第一位はヤーマン株式会社のミネラルエアーです。口コミサイトでの評価も高いのですが、サイト内でも、優れているエアーファンデーションの代表例として紹介しております。ミネラルエアーは非常に高いカバー力、ムラなく簡単に塗れる事が特徴で、初めてエアーファンデーションを利用する方にもおすすめです。

エアーファンデーションとは

ランキング-2位-ハリウッドエアー(株式会社ストーリア)

ランキング第2位は株式会社ストーリアのハリウッドエアーファンデーションです。こちらも人気が高く、日本を代表するようなエアーファンデーションの一つと言えるでしょう。
また、ハリウッドエアーはプロが愛用するエアーファンデーションと言われており、操作には少々テクニックが要るため、初めて利用する人に取っては大変かもしれません。

ハリウッドエアー

 - ファンデーションの豆知識