エアーファンデーションの口コミを比較!簡単でムラのないファンデーションはどれ?

*

メイクブラシの使い方!メイク上級者へランクアップ♡

   

メイクブラシの使い方!メイク上級者へランクアップ♡

ベースメイクのときにブラシを使うと、肌への密着度がアップして化粧の仕上がりと持ちがよくなります。手やスポンジを使ってもきれいに仕上がらないと感じている方は、メイクブラシを使って、ベールをまとったような上質肌に整えましょう。

メイクブラシを使用するメリットとは

ベースメイクは手やスポンジで塗ると、色ムラができたり厚塗りになってしまうことがあります。その点、メイクブラシは薄く伸ばせるのでムラができにくく、ナチュラルに仕上がります。

ひと刷毛で顔の広範囲に塗れるので時短メイクができ、産毛の下や毛穴の凹凸にまでピタッと密着します。

ベースメイクに使うブラシには、ファンデーション、コンシーラー、ハイライト&ローライトなど、アイテムごとに種類があり、使いやすい形状になっています。

目的ごとに違うブラシを使って、プロ並みのメイクを目指しましょう。

種類別・ブラシの使い方

ファンデーションブラシ

パウダー用

毛が長く、毛量の多いメイクブラシです。パウダーをブラシの中にも十分含ませたら、ブラシを寝かせて顔全体を押さえるようにファンデーションをつけます。円を描くようにくるくると動かすとムラになりません。

リキッド用

毛が長い大きめの平筆で、手の甲にリキッドファンデーションを取ってブラシになじませて使用します。筆を寝かせて、顔の中心から外側に向かって優しく伸ばし、小鼻の際はブラシを立てて、チョンチョンと押さえるように塗るときれいに仕上がります。

コンシーラーブラシ

目の下や小鼻の際など、細かい場所にも使いやすい小さい平筆です。リキッドやクリームタイプなど、柔らかいテクスチャーのコンシーラーを使うときに重宝します。

手の甲にコンシーラーを出し、ブラシに含ませた後、量を調整してから肌に乗せます。カバーしたい箇所よりも一回り大きめに塗り、少しずつ広げることで肌なじみがアップします。

フィニッシングブラシ

たっぷりとした毛量で、メイクの最後に余分な粉をはらうのに使用します。粉っぽさを解消し、メイクのフィット感をアップさせてくれるアイテムです。

肌に対して寝かせるようにあて、顔の中心から外側に向かって滑らせましょう。チークブラシやフェイスパウダーブラシとしても使ってもOKです。

ハイライト&ローライト用ブラシ

チークブラシよりも若干小さく、毛先が広がっていないのが特徴的です。

ハイライトまたはローライトカラーをブラシに含ませたら、ブラシを寝かせて乗せたい箇所に滑らせます。2~3回重ね塗りすると色がしっかり乗るので、仕上がりを見ながら回数を調整してください。

まとめ

メイクブラシを使うと、厚塗りや色ムラになることなく自然なベースメイクができます。肌あたりのいいブラシをそろえて、毎日のメイクで活用しましょう。

オススメエアーファンデーションランキング

ランキング-1位-ミネラルエアー(ヤーマン株式会社オンリーミネラルシリーズ)

オススメのエアーファンデーションランキング第一位はヤーマン株式会社のミネラルエアーです。口コミサイトでの評価も高いのですが、サイト内でも、優れているエアーファンデーションの代表例として紹介しております。ミネラルエアーは非常に高いカバー力、ムラなく簡単に塗れる事が特徴で、初めてエアーファンデーションを利用する方にもおすすめです。

エアーファンデーションとは

ランキング-2位-ハリウッドエアー(株式会社ストーリア)

ランキング第2位は株式会社ストーリアのハリウッドエアーファンデーションです。こちらも人気が高く、日本を代表するようなエアーファンデーションの一つと言えるでしょう。
また、ハリウッドエアーはプロが愛用するエアーファンデーションと言われており、操作には少々テクニックが要るため、初めて利用する人に取っては大変かもしれません。

ハリウッドエアー

 - ファンデーションの豆知識